GMOとくとくBBのWiMAX解約金(違約金)を解説!契約前に必ず確認

GMOとくとくBBの解約金(違約金)を解説 WiMAX

GMOとくとくBBでWiMAXを契約するとき、解約金(違約金)を気にする方も多いと思います。

・途中で繋がりにくくなって解約したくなるかもしれない
・最初から使い物にならなくなったときに、解約金を払うのがいやだ
・途中で結婚や引越しで必要なくなって解約する可能性がある

こうしたケースが考えられる場合は、解約金を調べておくのは必須。

本記事では、GMOとくとくBBでWiMAXを解約する時にかかる違約金や、解約金が無料になるケース、他の主要なWiMAXプロバイダの解約金などについて解説していきます。

GMOとくとくBBWiMAXの解約金(違約金)

契約期間中に解約するときの解約金

使い始めた月:9500円
1〜24ヶ月目:24800円
25ヶ月目〜:9500円
*端末発送付きは0ヶ月目として

参考:https://gmobb.jp/wimax/

GMOとくとくBBのWiMAX解約金は、上記の通りです。

契約更新月(3年契約の場合、36ヶ月目)は解約金がかかりません。

後から紹介しますが、25ヶ月目以降の解約金は他のWiMAXプロバイダと似たような感じです。

GMOとくとくBBWiMAXの解約金で注目するべきポイントは、契約してから2年目以内に解約すると、24800円とかなり高い解約金がかかるということ。

他のプロバイダはだいたい19000円です。

他のプロバイダとの解約違約金の比較

他の主要なWiMAXプロバイダの解約金をまとめました。

So-netの解約金

使い始めた月〜12ヶ月目:19000円
13〜24ヶ月目:14000円
25〜36ヶ月目:9500円

参考:https://support.so-net.ne.jp/

2年契約プランは更新月の24ヶ月目、3年契約プランは更新月の36ヶ月目は解約金はかかりません。

BIGLOBEの解約金

使い始めた月〜12ヶ月目:19000円
13〜24ヶ月目:14000円
25〜36ヶ月目:9500円

参考:https://support.biglobe.ne.jp/

2年契約プランは更新月の24ヶ月目、3年契約プランは更新月の36ヶ月目は解約金はかかりません。

UQWiMAXの解約金

使い始めた月〜12ヶ月目:19000円
13〜24ヶ月目:14000円
25〜36ヶ月目:9500円

参考:https://www.uqwimax.jp/

2年契約プランは更新月の24ヶ月目、3年契約プランは更新月の36ヶ月目は解約金はかかりません。

BroadWiMAXの解約金

使い始めた月〜12ヶ月目:19000円
13〜24ヶ月目:14000円
25〜36ヶ月目:9500円

参考:https://support.broad-isp.jp/

2年契約プランは更新月の24ヶ月目、3年契約プランは更新月の36ヶ月目は解約金はかかりません。

ただ、BroadWiMAXは初期費用割引キャンペーンで契約している場合、契約開始月から2年以内に解約すると、キャンペーン契約解除料として9500円をプラスで支払わないといけなくなります。

FUJIWiFiの解約金

FUJIWiFiに関しては、最新の端末が使えないというデメリットがある代わりに、いつでも解約できるというメリットがあるプロバイダ。

そのため、解約違約金はありません。

【条件付き】GMOとくとくBBは20日以内に解約すると解約金なし

GMOとくとくBBは基本的に契約期間内の解約は解約金がかかりますが、条件付きで20日以内であれば解約金なしで解約することができます。

条件は、

・ピンポイントエリア判定で「○」
・申し込みから20以内に連絡して、ルーター(端末)を返却する

この2つです。

条件1:ピンポイントエリア判定で「○」だった場合

WiMAXには、自分の住んでいるところでWiMAXが使えるかどうかを判定するピンポイントエリア判定というツールがあります。

こちらで自分の住所を入力すれば、使えるエリアかどうかが確認できます。

このピンポイントエリア判定で「○」が出ていた場合は、20日以内であれば解約金なしで解約することができます。

もし「○」以外の「○〜△」や「×」などの判定結果なら、例えば通信速度が遅かったり、電波が不安定であっても、解約金なしで解約することはできません。

なので、GMOとくとくBBでWiMAXを契約するときは、必ず契約前にピンポイントエリア判定で「○」かどうかを確認しましょう。

条件2:申し込みから20日以内に連絡して、ルーター(端末)を返却すること

ピンポイントエリア判定が「○」だった場合は、申し込みをしてから20日以内にサポートに連絡してルーター(端末)を返却すれば、解約金なしで解約することができます。

このときのポイントは、申し込みをしてから20日以内に端末がGMO側に到着していること

20日以内に発送していてもGMO側に届いていないとダメなので、すぐに速度や通信速度の安定性を確認して、解約するかどうかを確認するようにしましょう。

解約金はかからないけど無料ではない

・ピンポイントエリア判定で「○」
・20日以内にルーター(端末)を返却

という条件を満たすと、解約金はなしで解約することができます。

ただし、完全に無料で解約できるわけではありません。

・ルーター(端末)を返却時の返送料は自己負担
・端末発送月から月末までの日割料金がかかる
・翌月分の月額料金がかかる

この2つの料金は支払う必要があります。

また、

・クレードルを購入していた場合は、クレードルは返品できず、返金もない
・初期費用として払った事務手数料の3000円は返却されない

ということもあるので、この辺りには要注意です。

初期契約解除制度を利用する

すぐにWiMAXを解約する場合は、初期契約解除制度を利用するのも一つの方法です。

こちらはエリアなどが関係なく、事務手数料はかかるものの、月額料金などの費用はかかりません。

ただ、ルーター(端末)が届いてから8日以内に手続きをすることが必要なので、20日の契約解除よりも厳しいです。

初期契約解除制度を利用する場合は、こちらを確認してみてください。

エリアが「○」以外なら契約しない

もしピンポイントエリア判定で「○」以外が出た場合は、WiMAXを契約しないというのも一つの選択肢。

WiMAXは使えるエリアが広いので、「○」以外の判定が出ることは少ないと思います。

ですが、もし「○」以外の判定が出た場合は、WiMAX以外のポケットWiFiを使った方がいいかもしれません。

もしくは、FUJIWiFiを利用するのも一つの方法。

FUJIWiFiは知名度は低い・最新の機種は使えないですが、解約金なしでWiMAXが契約できるので、エリア判定で「○」以外の方は一度検討してみてください。

FUJIWiFiについては、「FUJIWiFi WiMAXについて」の記事で解説しています。

TryWiMAXを利用してみる

TyrWiMAXという、無料でWiMAXをお試しできるサービスがあります。

WiMAXの提供元であるUQWiMAXから申し込めるので、こちらで一度試してみるのもおすすめです。

ただ、TryWiMAXも15日間しか利用できず、返却が遅れてしまった場合は費用がかかってしまうので、要注意。

また、TryWiMAXを利用してそのままUQWiMAXで契約するとGMOとくとくBBでの契約よりも損してしまうので、契約は必ずGMOとくとくBBなどのプロバイダから契約するようにしましょう。

▶︎TryWiMAXの詳細はこちら

GMOとくとくBBの解約金(違約金)まとめ

GMOとくとくBBはコストを抑えてWiMAXが契約できるプロバイダですが、契約解除金である解約金が他よりも高額なのはデメリットの一つ。

使い始めた月:9500円
1〜24ヶ月目:24800円
25ヶ月目〜:9500円
*端末発送付きは0ヶ月目として

参考:https://gmobb.jp/wimax/

解約金の内訳は、上記のようになっています。

WiMAXの契約を失敗にしないためにも、契約する前には、必ずピンポイントエリア判定を活用しましょう。

もし、ピンポイントエリア判定で「○」以外が出た場合は、

・違うポケットWiFiを利用する
・FUJIWiFiのようなサービスを利用する

というのも一つの方法。

もしくは、TryWiMAXを活用するのも一つの方法です。

ただし、TryWiMAXを利用する場合は、そのままUQWiMAXで契約するとコスパが悪くなってしまうので、必ずGMOとくとくBBのようなプロバイダからWiMAXを契約するようにしましょう。

また、もしGMOとくとくBBでWiMAXを契約するなら、面倒が少なくかつ安い月額割引キャンペーンを利用して契約するようにしましょう。

月額割引キャンペーンについては、公式サイトで確認できます。

月額割引キャンペーンの詳細については、「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンを知っておこう」の記事で解説しています。

GMOとくとくBBからの契約を考えている方は、自分に合ったキャンペーンを選ぶのに「GMOとくとくBBWiMAXのキャンペーンの選び方」も合わせて参考にしてください。

GMOとくとくBBWiMAXのキャンペーンは、特徴と料金で選ぼう
【GMOとくとくBBのキャンペーンまとめ】GMOとくとくBBでWiMAXを契約するときは、キャンペーンをしっかり比較して選ばないと、知らないうちに損をしてしまうことに。失敗しないために、キャンペーンの特徴と料金を確認!